• ホーム
  • 避妊薬に含まれるエストロゲンは月経困難症にも効果的

避妊薬に含まれるエストロゲンは月経困難症にも効果的

月経痛がひどくて、日常生活にも支障をきたすほど重い症状がある場合を月経困難症と呼びます。
腹痛や腰痛、吐き気、嘔吐、貧血、頭痛などが、よくある症状です。
月経困難症の原因には2種類あり、子宮内膜症や子宮筋腫などによる「器質性月経困難症」と、ホルモンの作用による「機能性月経困難症」に分けられます。

機能性月経困難症では、次のような仕組みで痛みが起こります。
月経は、妊娠しなかった場合に子宮内膜が剥がれて排出されるものですが、このとき子宮内膜からプロスタグランジンというホルモンが分泌されます。
プロスタグランジンは、子宮を収縮させて子宮内膜や血液を体外に出す働きがあり、このホルモンの分泌量が多いと子宮の収縮が過剰になって痛みが強くなります。
また、プロスタグランジンには痛みを強くする作用もあるので、頭痛や腰痛、吐き気などの原因にもなります。

避妊薬は、避妊に効果があるだけではなく、機能性月経困難症にも効果的です。
避妊薬にはエストロゲンとプロゲステロンが少量含まれています。
そのため、月経開始直後に避妊薬を服用すると、エストロゲンが血中にあるので、卵巣からのエストロゲン産生が抑えられ、血中には必要最小限のエストロゲンとプロゲステロンのみになります。
そのため、排卵後に分泌されるプロゲステロンがあることから排卵が抑えられて避妊効果を得られます。
また、エストロゲンが少なくなるので子宮内膜が薄くなり、その結果、月経の出血は少なくなり、子宮内膜から分泌されるプロスタグランジンの量も減って月経痛も軽減されます。

避妊薬は、婦人科での処方になりますが、月経困難症治療の場合には保険適用となりますので、費用も抑えられます。

関連記事
【豆知識】江戸時代の避妊方法 2020年03月17日

避妊とは、技術や方法、避妊具などの道具や避妊薬などの医薬品などの手段を使って、受精または受精卵の着床を妨げて妊娠を避けることをいいます。日本の江戸時代には遊郭の女郎が避妊を行っていましたが、コンドームなどの無い時代でしたので、さまざまな方法で避妊は行われてきたとされています。基本として、洗浄行って綺...

過多月経で悩む人も結婚を期に避妊薬を利用する人も 2020年02月14日

近年、多くの女性に避妊薬が使用されています。低用量ピルと言われるもので、女性ならではのさまざまな悩みを解消してくれる画期的な薬です。過多月経や生理不順で悩む女性が少なくありません。避妊薬を服用すると、薬を飲み続けていれば、毎回決まった日に生理が来るので、生理不順で悩まされることがなく、また生理前症候...

薬局でアフターピルは買えないのでネット通販か病院で 2019年09月19日

一般的にかわいい子というのは彼氏がいる時期がほとんどであり、彼氏が常にいるということはそれだけセックスをする機会も多くなってくるということであります。そしてセックスをする機会が多い人ほどしっかりとアフターピルを服用する等の避妊対策をしていかなければいけません。しかしアフターピルは残念ながら薬局やドラ...

避妊薬を服用する際の注意点と中絶手術について 2019年11月05日

結婚していても子供を持つことを望まない夫婦はたくさんいます。例えば、自分たち夫婦にはすでに何人か子供がいるのでこれ以上は、子供は必要ない。という場合や、子供はたくさんいた方が賑やかで楽しいだろうけども経済的な理由から子供を持つことをセーブする場合もあります。そういう夫婦は子供が出来ないようにいろんな...

月経の状態に合わせピルカッターで避妊薬を分割 2019年12月21日

錠剤で提供される避妊薬には、使うペースや用量が決められていますから、正しく効果を発揮させる為に、決まりを守って使用を続ける配慮が望まれます。月経の発生がシビアな時や、避妊薬の量と効果がミスマッチな場合は、錠剤をカッターで半分にしたり、分割して微妙な調整を加える事が可能です。通常よりも避妊薬の使用を減...