• ホーム
  • 避妊薬と出血量少ない不正出血もあるIUD

避妊薬と出血量少ない不正出血もあるIUD

女性が主体となる避妊方法には避妊薬とIUDがありますが、避妊薬は、毎日飲み続けて避妊する低用量ピルと避妊に失敗したときに緊急避妊薬として使われるタイプがあります。

低用量ピルは、21日間服用を続けて、7日間服用を休むか偽薬を飲むというパターンを繰り返します。
飲んでいる間は、ほぼ確実に避妊ができますが、飲み始めは吐き気やだるさなどが現れることがあります。

緊急避妊薬はアフターピルとも呼ばれ、中用量ピルを使用するヤッペ法では性交から72時間以内に2錠服用し、その12時間後に2錠服用します。
新アフターピルのLNG法は、緊急避妊目的で黄体ホルモン剤を使用する方法で、性交から72時間以内に1回、2錠服用するだけです。
ヤッペ法では強い吐き気がある場合が多いのですが、LNG法では副作用が少なくなっています。
アフターピルは、排卵と受精卵の着床を抑制する作用があり、服用後、3日から3週間以内に消退出血があります。
排卵日直後に服用した場合には出血量少ない消退出血ですが、日数が経過していると生理と同じ程度です。
出血量少ない場合でも、出血があれば避妊に成功した証拠になります。
ただし、人によっては排卵出血や着床出血があるケースもあり、出血量少ない消退出血との区別がつかないこともあるので注意が必要です。

IUDは、避妊のために子宮内に挿入する小さな器具で、子宮と卵管の双方に作用して、受精と着床を防ぎます。
数年に一度の交換が必要で、避妊効果を高めるために銅イオンがついているタイプもあります。
副作用の心配はありませんが、最初は少量の不正出血が続くことがあります。
IUDの避妊効果は低用量ピルと同様ですが、毎日の薬の服用などの手間がなく手軽です。
ただし、定期検診を受けて正しく装着が維持できているかチェックすることをおすすめします。

関連記事
避妊薬に含まれるエストロゲンは月経困難症にも効果的 2020年01月20日

月経痛がひどくて、日常生活にも支障をきたすほど重い症状がある場合を月経困難症と呼びます。腹痛や腰痛、吐き気、嘔吐、貧血、頭痛などが、よくある症状です。月経困難症の原因には2種類あり、子宮内膜症や子宮筋腫などによる「器質性月経困難症」と、ホルモンの作用による「機能性月経困難症」に分けられます。機能性月...

薬局でアフターピルは買えないのでネット通販か病院で 2019年09月19日

一般的にかわいい子というのは彼氏がいる時期がほとんどであり、彼氏が常にいるということはそれだけセックスをする機会も多くなってくるということであります。そしてセックスをする機会が多い人ほどしっかりとアフターピルを服用する等の避妊対策をしていかなければいけません。しかしアフターピルは残念ながら薬局やドラ...

避妊薬を服用する際の注意点と中絶手術について 2019年11月05日

結婚していても子供を持つことを望まない夫婦はたくさんいます。例えば、自分たち夫婦にはすでに何人か子供がいるのでこれ以上は、子供は必要ない。という場合や、子供はたくさんいた方が賑やかで楽しいだろうけども経済的な理由から子供を持つことをセーブする場合もあります。そういう夫婦は子供が出来ないようにいろんな...

月経の状態に合わせピルカッターで避妊薬を分割 2019年12月21日

錠剤で提供される避妊薬には、使うペースや用量が決められていますから、正しく効果を発揮させる為に、決まりを守って使用を続ける配慮が望まれます。月経の発生がシビアな時や、避妊薬の量と効果がミスマッチな場合は、錠剤をカッターで半分にしたり、分割して微妙な調整を加える事が可能です。通常よりも避妊薬の使用を減...

受胎調節に有効な避妊薬の平均値段 2019年10月09日

ピルは受胎調節に有効な、避妊薬として知られています。受胎調節とはいわゆる「避妊」の事で、人工的に妊娠を避ける目的で行います。受胎調節の方法として、日本ではコンドームの使用が一般的です。コンドームも、もちろん避妊の効果は期待できますが、ゴム製ですので破れてしまうケースも少なくありません。コンドームが破...