• ホーム
  • 膣に注入するタイプの避妊薬はあるの?

膣に注入するタイプの避妊薬はあるの?

悩んでいる女性

「避妊薬」と聞いて有名なものといえば、女性では「低容量ピル」や「アフターピル」、男性では「コンドーム」などが一般的に使用されている避妊薬です。
その他、あまり有名でないものには、「ペッサリー」という器具があります。

さて、「注入するタイプの避妊薬はあるの?」ということですが、現在日本には女性が膣内に注入して使うような避妊薬はありません。
避妊したい場合は、性行為の前には低容量ピルやコンドームでしっかり避妊することが必要ですし、性行為後に「避妊に失敗したかも…!」という場合には、アフターピルなどを服用する必要があります。

以前は日本国内でも、「殺精子剤ゼリー」と呼ばれるものが販売されていました。
これは、性行為の前に女性が膣内に注入して使用する避妊薬であり、フィルムのような形をしたものや、ゼリー状のものがあったようです。

これは、膣内に注入された殺精子剤を含むフィルムやゼリーが膣内で溶け出すことで、侵入してくる精子の受精する力を奪い、妊娠を防ぐというものです。
毎日決まった時間に服用しなくてはならない低容量ピルなどと違って、その時だけ使用すれば良いので、たいへん便利な商品でした。

しかし現在では、このような製品は日本国内では販売中止となっており、手に入れることはできなくなっています。
これらをどうしても手に入れたい場合は、海外のものをインターネットなどで取り寄せるという方法を取らなくてはなりません。
ちなみに、ある殺精子剤商品の価格は1箱6個りで、約1500円から1600円ほどのようです。

海外の商品、ということで使用するのに多少の不安を持つ方もおられるかもしれませんが、その便利さから日本で使用している方も少なくありません。
使用する場合は説明書をよく見て、正しく使用しましょう。

関連記事
【豆知識】江戸時代の避妊方法 2020年03月17日

避妊とは、技術や方法、避妊具などの道具や避妊薬などの医薬品などの手段を使って、受精または受精卵の着床を妨げて妊娠を避けることをいいます。日本の江戸時代には遊郭の女郎が避妊を行っていましたが、コンドームなどの無い時代でしたので、さまざまな方法で避妊は行われてきたとされています。基本として、洗浄行って綺...

過多月経で悩む人も結婚を期に避妊薬を利用する人も 2020年02月14日

近年、多くの女性に避妊薬が使用されています。低用量ピルと言われるもので、女性ならではのさまざまな悩みを解消してくれる画期的な薬です。過多月経や生理不順で悩む女性が少なくありません。避妊薬を服用すると、薬を飲み続けていれば、毎回決まった日に生理が来るので、生理不順で悩まされることがなく、また生理前症候...

避妊薬に含まれるエストロゲンは月経困難症にも効果的 2020年01月20日

月経痛がひどくて、日常生活にも支障をきたすほど重い症状がある場合を月経困難症と呼びます。腹痛や腰痛、吐き気、嘔吐、貧血、頭痛などが、よくある症状です。月経困難症の原因には2種類あり、子宮内膜症や子宮筋腫などによる「器質性月経困難症」と、ホルモンの作用による「機能性月経困難症」に分けられます。機能性月...

薬局でアフターピルは買えないのでネット通販か病院で 2019年09月19日

一般的にかわいい子というのは彼氏がいる時期がほとんどであり、彼氏が常にいるということはそれだけセックスをする機会も多くなってくるということであります。そしてセックスをする機会が多い人ほどしっかりとアフターピルを服用する等の避妊対策をしていかなければいけません。しかしアフターピルは残念ながら薬局やドラ...

避妊薬を服用する際の注意点と中絶手術について 2019年11月05日

結婚していても子供を持つことを望まない夫婦はたくさんいます。例えば、自分たち夫婦にはすでに何人か子供がいるのでこれ以上は、子供は必要ない。という場合や、子供はたくさんいた方が賑やかで楽しいだろうけども経済的な理由から子供を持つことをセーブする場合もあります。そういう夫婦は子供が出来ないようにいろんな...