• ホーム
  • 月経の状態に合わせピルカッターで避妊薬を分割

月経の状態に合わせピルカッターで避妊薬を分割

錠剤で提供される避妊薬には、使うペースや用量が決められていますから、正しく効果を発揮させる為に、決まりを守って使用を続ける配慮が望まれます。
月経の発生がシビアな時や、避妊薬の量と効果がミスマッチな場合は、錠剤をカッターで半分にしたり、分割して微妙な調整を加える事が可能です。
通常よりも避妊薬の使用を減らせば、月経の発生や遅れに影響したり、効果が低下するリスクは当然ありますが、詳しく量と作用の相関が把握出来るなら、一般的な活用法以上の効果を引き出す可能性が得られます。
本来の月経は繊細な状態なので、薬の服用に慎重さがあるのは必然ですから、避妊薬の使用も健康を優先する事は大切ですが、量の微量な増減ならリスクは小さく、計画性を持てば安全に実行出来ます。
注意すべきはカッターの取り扱いで、半分に分割して使わない方は保管しますが、不注意に触れれば体に影響しますから、小さくなった錠剤は正しく管理する心構えが求められます。

また、切れ味が落ちたカッターは綺麗に分割出来ないので、粉が崩れ落ちてしまったり、望むとおりの割合で切れない場合があります。
月経に対し正確な服用量で避妊薬の使用を行いたいなら、カッターは常に新しい刃の状態を保ち、保管専用のケースも併せて用意する方法が便利です。
一般用途のカッターでも避妊薬は割れますが、刃は錆がなく新しい物を用意し、清潔な環境で触れる事が重要です。
小さくなった避妊薬は扱いが難しくなるので、更に形状を細かく分割したいのであれば、専用のピルカッターが安全で効率的です。
ケースが付属する場合も珍しくありませんから、細かい避妊薬を適切に保管出来るので、見失うリスクが減らせますし、月経に応じて使いたい時に適量を用いる事が出来ます。

関連記事
避妊薬に含まれるエストロゲンは月経困難症にも効果的 2020年01月20日

月経痛がひどくて、日常生活にも支障をきたすほど重い症状がある場合を月経困難症と呼びます。腹痛や腰痛、吐き気、嘔吐、貧血、頭痛などが、よくある症状です。月経困難症の原因には2種類あり、子宮内膜症や子宮筋腫などによる「器質性月経困難症」と、ホルモンの作用による「機能性月経困難症」に分けられます。機能性月...

薬局でアフターピルは買えないのでネット通販か病院で 2019年09月19日

一般的にかわいい子というのは彼氏がいる時期がほとんどであり、彼氏が常にいるということはそれだけセックスをする機会も多くなってくるということであります。そしてセックスをする機会が多い人ほどしっかりとアフターピルを服用する等の避妊対策をしていかなければいけません。しかしアフターピルは残念ながら薬局やドラ...

避妊薬を服用する際の注意点と中絶手術について 2019年11月05日

結婚していても子供を持つことを望まない夫婦はたくさんいます。例えば、自分たち夫婦にはすでに何人か子供がいるのでこれ以上は、子供は必要ない。という場合や、子供はたくさんいた方が賑やかで楽しいだろうけども経済的な理由から子供を持つことをセーブする場合もあります。そういう夫婦は子供が出来ないようにいろんな...

避妊薬と出血量少ない不正出血もあるIUD 2019年11月22日

女性が主体となる避妊方法には避妊薬とIUDがありますが、避妊薬は、毎日飲み続けて避妊する低用量ピルと避妊に失敗したときに緊急避妊薬として使われるタイプがあります。低用量ピルは、21日間服用を続けて、7日間服用を休むか偽薬を飲むというパターンを繰り返します。飲んでいる間は、ほぼ確実に避妊ができますが、...

受胎調節に有効な避妊薬の平均値段 2019年10月09日

ピルは受胎調節に有効な、避妊薬として知られています。受胎調節とはいわゆる「避妊」の事で、人工的に妊娠を避ける目的で行います。受胎調節の方法として、日本ではコンドームの使用が一般的です。コンドームも、もちろん避妊の効果は期待できますが、ゴム製ですので破れてしまうケースも少なくありません。コンドームが破...